第一探偵事務所 仙台本部

探偵・興信所

証拠の価値で慰謝料金額が変わる?

約5分
証拠の価値で慰謝料金額が変わる?

言い訳を許さない証拠の質

証拠には様々なものがありますが、裁判になったときに、立証した事実(例えば、配偶者が不貞行為を行ったこと)を裏付ける証拠としてどのようなものが証拠として「質(価値)」が高いのか、また、どのくらいの証拠の「量(数)」が必要なのかを理解しておく必要があります。

ここでは、配偶者が不貞行為を行ったことを裏付ける証拠について考えたいと思います。

不貞行為の決定的な証拠とは?

不貞行為の決定的な証拠としては、例えば、家に戻ったときに「配偶者が不倫相手と裸になって一緒にベッドに寝ている」のを偶然目撃してしまった、「配偶者が不倫相手と一緒にラブホテルでツーショットで撮影している写真」を携帯電話で見つけたというものが考えられます。

このような証拠が得られることは必ずしも多くはありませんが、不用意にも不貞行為を裏付けるような写真を携帯に残しておくという事例はしばしば見かけます。

このような決定的な証拠まではなくても、おそらく不貞行為が行われたであろうという証拠が得られれば、不貞行為の立証は可能になります。

ラブホテルの出入り

例えば、配偶者が不倫相手と一緒に夜間にラブホテルに入った様子と翌朝出たところを撮影した写真(体調が悪くなったので短時間休憩していただけと言い訳をされないためにも、入った時と出た時の両方の写真)、ラブホテルの利用が投稿されたSNSの不倫相手とのやりとり、配偶者が不倫相手と二人で宿泊を伴う旅行をしたことを示す証拠(配偶者と不倫相手が同じ写真をSNSでアップしている可能性)などが考えられます。

本人の自白

このほか、配偶者や不倫相手と対面して話したときに、不貞行為を行ったことについて告白した時にボイスレコーダーで録音をしたり、書面で事実関係を書いてもらうと有効な証拠になります。

このときには、いつ頃に知り合って、いつ頃、どのくらいの頻度で不貞行為を行ったかなどについて、できるだけ詳細に聞き取りをしたり、書面で書いてもらうことが重要です。

証拠の量で取れる慰謝料が変わる?

次に、証拠の量(数)の問題についてお伝えします。

証拠は一つ、二つ手に入ったものの、どこまで証拠を集めたら良いのかを悩まれる方もいると思います。例えば、不貞行為が行われたことの決定的な証拠が見つかれば「その時に一回」不貞行為があったことは認められます。

一回でも不貞行為があれば、不貞行為は不貞行為であるわけですが、それがどのくらいの期間継続的に行われていたかによって慰謝料の金額に影響を与えるということはあり得ます。

不貞行為を何回も行ったことを直接裏付けることが可能な証拠を何回も入手することが望ましいということは言うまでもありませんが、労力がかかりますし、調査会社に何回も依頼すれば費用が増えていきます。

この場合、配偶者と不倫相手との親密な関係がどのくらい続いていたかを裏付ける「メール」や「SNS」の証拠を補充収集することをお勧めします。

この場合、メールやLINEなどのやり取りの収集は多ければ多いほど良いでしょう。

どうしても証拠が見つけられないときは?

できるだけ沢山の証拠を収集しようと頑張ってみたものの、どうしても証拠が見つからないということはあると思います。そのような時は、どのような対処法が考えられるでしょうか。

ここでは、改めて不貞行為の決定的な証拠が見つからない場合で考えてみたいと思います。

決定的な証拠が見つからず、配偶者も不倫相手も不貞行為の事実を認めていない場合、そのまま直ちに不倫相手を被告に訴訟を起こしても、その訴訟に勝てる可能性は低いと言えます。

このような場合、決定的な証拠でなくても、「不貞行為の証拠になるのでは?」と思える証拠を有しているのなら、配偶者や不倫相手に対して、どんな証拠かは言わずに、「証拠は既に入手している」と自信満々に伝えて、不貞行為をしたことを書面で謝罪してほしいとお願いしてみるというのも一つの手です。

この時のポイントは、この段階では慰謝料については一切触れないことです。この段階で金額の話をしてしまうと、身構えられるからです。ただ謝罪をしてほしいと求めることで、不貞行為の事実を書面で認めてくれる可能性はあります。

もし、相手がそれでも不貞行為の事実を認めないようでしたら、それ以上は突っ込まず話を終わりにしてください。

このような場合は、訴訟になった時に、すでにお持ちの証拠(決定的でなくとも状況証拠を積み重ねるなど)をできるだけ駆使して立証するという方法が良いかと思います。

証拠もなく示談で相手に不貞行為の事実を認めさせるには「慰謝料」については一切触れないこと。

証拠の取得なら第一探偵事務所

ここまで、価値のある証拠と証拠の入手方法をご紹介しました。以上のように慰謝料や離婚請求が認められる証拠を入手することは簡単ではありません。仮に、証拠を得るために証拠が全くない上で自白を迫ったとしても、上手くいくとは当然限りません。

当探偵事務所では裁判でも有効な証拠収集を行っていますが、それは裁判に備えての証拠収集ではありません。

裁判でも有効な質(価値)の高い証拠を揃えることで、裁判まで話し合いがこじれることなく、示談などで決着をつけることを目的としています。相手としても、裁判まで争ってもお金と時間の無駄だと諦めれば、こちらとの交渉に応じる可能性は高くなるのです。

配偶者の不倫の証拠が得られずお困りでしたら、当探偵事務所までご相談ください。

第一探偵事務所 仙台本部

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE
050-6864-2229