第一探偵事務所 仙台本部

探偵・興信所

探偵フランチャイズ(FC)募集

第一探偵事務所ではこの度フランチャイズFC)の加盟店を募集することとなりました。探偵になる方法は探偵事務所に就職する以外にも方法はあります。それは、探偵事務所を開業する方法です。ここでは、探偵事務所を開業するためにフランチャイズに加盟するメリットをご紹介いたします。

第一探偵事務所のフランチャイズ

契約タイプフランチャイズ
契約期間3年間(以降、2年間毎の自動更新)
開業資金1. 加盟金60万円(税込み)※10社限定
加盟金詳細:加盟金には以下の費用がすべて含まれます。
1.1 加盟料(弊社のフランチャイズ店に加盟して頂くためや商標利用の費用)
1.2 資料、書面等の費用
1.3 実務研修の費用

2. 上記以外に必要な資金の内訳
2.1 調査機材の購入費
2.2 開業時の広告宣伝費
2.3 事務所開設費用 など

3. 保証金0円
ロイヤリティ月額20,000円のみ。
ロイヤリティをもとに本部が集客のサポートをいたします。
募集地域全国(ただし、既出のFC店がある地域、宮城県を除く)
第一探偵事務所のフランチャイズ要項
売上高150万円/月 (浮気調査3件. 行方調査1件)
※本収益モデルは、本部の収益の平均値から作成したモデル収益であり、新規出店時における収益予測を示すものではありません。
経費経費総額:10万円
広告宣伝費:3万円
調査経費:6万円
通信費:1万円
営業利益140万円/月(オーナー月間収益)
収益のモデルケース例

フランチャイズとは?

フランチャイズとはビジネスモデルのひとつで、個人や法人などがが対価(ロイヤリティ)を支払う代わりに、お店の名前や看板、商品・サービスを販売する権利を得られるシステムです。

契約を結んだ加盟店は、フランチャイズ本部が培ってきた専門的な経営ノウハウやサポートを受けられるので、いちから事業を起こすよりも比較的スムーズにビジネスを軌道に乗せられるというメリットがあります。

フランチャイズのメリット

ここでは探偵業界ではなく、フランチャイズに加盟する一般的なメリットを紹介します。探偵業界は特殊な業界であるため一般的なメリットに当てはまらないケースもありますが、先ずは一般的なメリットを確認しましょう。

①ブランド力や知名度の活用

フランチャイズに加盟することで、集客において大きなアドバンテージになるブランド力や知名度を活用することができます。

この記事を読まれている方もご経験があると思いますが、ご自身が商品の購入やサービスを利用しようと考えたときに、「有名なお店」と「無名なお店」の両店が提供していたとしたら、迷わず「有名(知名度のある)お店」を選ばれるのではないでしょうか。きっと選んだ理由は「知っているお店だから何となく」程度のことだと思います。

つまり、フランチャイズに加盟することで開業初期から集客を見込める可能性があります。

②業界未経験でも開業可能

フランチャイズでは立地の選定はもちろん、オペレーションから接客、集客に至るまでノウハウがすべてパッケージ化されています。フランチャイズ本部はフランチャイズの募集に至るまでにたくさんの「成功」と「失敗」を経験しています。フランチャイズに加盟することで、sその「成功」のパターンを知ることが出来ます。

パッケージには多くのノウハウが詰め込まれているので、業界未経験でも開業でき、早期に収益化を図れる可能性があります。

③経営のサポート

フランチャイズに加盟すると、本部から定期的に経営サポートを受けられます。これを担当するのがSVスーパーバイザー)と呼ばれる本部社員です。SVが定期的に加盟店を訪れるなどして、経営指導はもちろん、改善点や今後の方向性、目標などを共有してくれます。

一人で開業すると悩みを相談できる人が少ないのはもちろん、問題自体の解決方法をなかなか見つけることができないことが多いです。

フランチャイズに加盟することで、本部からアドバイスをもらうことができるため、問題に行き詰ったとしても解決策を教えてもらえるかもしれません。ひとりで悩む心配もなくなります

④運営に専念できる

通常、自分ひとりで開業するとなると、立地の選定はもちろんメニューやサービスの内容、新商品などに至るまですべて自身で考えないといけません。しかし、フランチャイズなら商品開発はもちろん新メニューの考案から宣伝、試作まですべて本部が行ないます。

店舗運営やスタッフの教育などに専念できるのもフランチャイズのメリットのひとつです。

フランチャイズのデメリット

ここまでフランチャイズに加盟することのメリットをご紹介させていただきました。良いことづくめに見えますが、実際はそうではなく、フランチャイズに加盟するデメリットが存在します。

ここからも引き続き、一般的なデメリットをご説明いたします。

①高額なロイヤリティの支払い

フランチャイズに加盟すると、本部への支払い(ロイヤリティ)が発生することが一般的です。ロイヤリティには「固定型」と「変動型」の2タイプがあります。

固定型では、毎月5万円や10万円などフランチャイズ本部が決めた一定の額を支払う必要があります。開業初期で安定した売り上げが無くても確実に支払いが発生するため、経営に重くのしかかってきます。

変動型では、売上に対して変動する「売上歩合方式」を採用していることが多いです。売り上げが少ないときには支払いも少なくて済みますが、売り上げが増えるにつれてロイヤリティも増額されていきます。

また、注意しないといけないのは「売上」に対してロイヤリティが発生するということです。要するに「利益」ではないため、薄利の状態でロイヤリティの支払いをすると赤字になりかねません。

②自由度が低い

フランチャイズに加盟すると、本部から提供されるフランチャイズパッケージに基づいて運営します。提供する商品やサービスなどはもちろん、営業時間や定休日なども本部の指示に従う必要があるので、オリジナリティを出したい人には向いていません。

本部が決めたルールなどを無視して運営してしまうと、規則違反となり契約を解除されるなどといったペナルティを受けることもあります。コンビニのフランチャイズ問題でも話題となりました。

③契約満了と開業制限

フランチャイズに加盟すると、競業避止義務といい、ノウハウの流出を防ぐ目的で契約満了後も一定の期間は競業する事業で開業できないなどの制限を設けるフランチャイズ本部があります。また、契約満了以外で解約した場合の違約金などもあるので、事前に契約書をしっかり確認しておく必要があります。

探偵業界とフランチャイズ

ここからは探偵業界について触れていきます。探偵業界を知ることで探偵のフランチャイズの可能性を知ることができます。先ずは探偵のお仕事を簡単にご紹介いたします。

探偵の仕事と業務内容とは?

探偵の仕事とは個人の悩み身の回りでおきた問題企業内・法人間におけるトラブルの解決には必要不可欠となる証拠や情報を収集する仕事です。具体的な調査としては「浮気調査」「素行調査」「人探し」「嫌がらせ対策」「ストーカー対策」「盗聴器発見」などです。

探偵のフランチャイズは儲かる?

探偵のフランチャイズをお考えの方が一番気になるのは「探偵は儲かるのか?」だと思います。答えは複雑で「儲かるところは非常に儲かっている」というのが実情です。

しかしながら、探偵業は「低リスク」でありながら「高収益」を望めるビジネスモデルであることは間違いありません。調査にかかる費用は主に人件費ですが、大抵の調査は1~2名でこなすことができます。利益率にすると80%を超えてくるビジネスが探偵業です。

また、探偵業は景気に左右されることが少なくコロナ禍でも依頼は途絶えることはありませんでした。それほど安定した需要があります。

探偵業は「低リスク」のビジネスモデル。

第一探偵事務所の特徴

ここからは第一探偵事務所が儲かる理由をご紹介いたします。人口に対して探偵社数が日本一の宮城県で利益を上げ続けたのには仕組みがあります。

①事務所兼自宅で経費を削減

第一探偵事務所では、あえて目立つところに事務所を構えるようなことはしていません。なぜなら事務所は自宅で十分だからです。自宅兼事務所で困ることは一部を除きほぼありません。事務所は金庫を置けるスペースがあれば十分です。ご相談者様との面談は「カフェ」や「レンタルスペース」で行っています

自宅を事務所にすることで、経営上の経費を大幅に削減することができます

自宅開業が可能。資金に余裕ができたら事務所を借りれば良い。

②ランニングコストの削減

第一探偵事務所仙台本部では、ご相談者様やご依頼者様との連絡手段にLINEメールを活用しています。本部でも開業当初はお問い合わせ窓口にフリーダイヤルを設けていましたが、現在はIP電話のみのためランニングコストを抑えられています。

ここ最近のご依頼者様は、ほとんどの方がLINEなどのSNSを日常的に活用していますので、お問い合わせ自体もLINEでのメッセージや通話が圧倒的に増えてきています。

事務所の信用を得るために、費用をかけてフリーダイヤルを設ける必要性も薄れてきているように感じます。

固定電話やフリーダイヤルの開設は不要。開業初期はスマホ一台で十分。

③SEOによる集客で広告費の削減

第一探偵事務所では、売り上げの肝となる「浮気調査」に絞って集客を図っています。

もしかしたら、この記事を読まれている方であれば、探偵に寄せられる調査の大半が浮気調査というデータを見られたことがあるかもしれません。それは正しいですが、100%の正解ではありません。そのデータは経営が上手くいっている探偵社のデータであり、全国にあるとされる5,000社の統計データではありません。

つまり、探偵業で成功するには「浮気調査」で集客を図ることです。浮気調査が依頼の大半である探偵社がこの業界で生き残ることができます。仮に、開業後に自宅や自宅付近に無作為にチラシを配ったとしても「浮気調査」の案件を継続的に獲得することは難しいです。

そのためにインターネット検索で「浮気調査」をキーワードにサイト作成をして集客をしています。そのノウハウ(=SEO)を身に付けることで、広告費をかけずに狙った層に自然と営業をかけることができるようになります

ちなみに、この記事は「探偵」「フランチャイズ」「FC」「募集」のキーワードで執筆しています。

SEOが上手くいけば、広告費をかけずに集客が可能に。

第一探偵事務所のフランチャイズ要項

最後に改めて当事務所のフランチャイズについてご紹介いたします。加盟金とロイヤリティは業界最安値で設定しています。ご不明点やご質問がございましたら個別にご連絡ください。

契約タイプフランチャイズ
契約期間3年間(以降、2年間毎の自動更新)
開業資金1. 加盟金60万円(税込み)※先着10社限定
加盟金詳細:加盟金には以下の費用がすべて含まれます。
1.1 加盟料(弊社のフランチャイズ店に加盟して頂くためや商標利用の費用)
1.2 資料、書面等の費用
1.3 実務研修の費用

2. 上記以外に必要な資金の内訳
2.1 調査機材の購入費
2.2 開業時の広告宣伝費
2.3 事務所開設費用 など

3. 保証金0円
ロイヤリティ月額20,000円(税込み)
ロイヤリティをもとに本部が集客のサポートをいたします。
募集地域全国(ただし、既出のFC店がある地域、宮城県を除く)
第一探偵事務所のフランチャイズ要項

開業後のサポート

①ホームページ作りの代行

開業時は本部がサイト作りを代行します。浮気調査で集客できるようにSEOを意識して制作いたします。制作後はご自身で更新ができるように継続的にアドバイスしていきます

②本部が集客を代行・紹介

開業前に本部で全国で集客ができるようサイト作りを進めています。本部経由でお問い合わせや調査依頼が入りましたら、対応地域のFC店(支部)へご紹介いたします

③相談員の派遣

開業後にご相談者様との面談が入った場合に、必要に応じて本部の人間を派遣します。実際に面談をする姿をお見せして面談のコツを掴んでいただきます(本部の面談の成約率は90%以上)。また、メールなどのご相談が入った時点でご相談頂けましたら、返信内容などのアドバイスも可能です。

④調査員の派遣

開業までには可能な限り、研修を兼ねて調査にご参加頂きますが、調査には様々なパターンがあり、研修で十分な状態で開業を迎えられることは不可能です。他社様の研修でも同様で、加えて探偵学校(探偵専門学校)に行ったところで正直なところ役に立ちません。

⑤24時間サポート

探偵を開業すると24時間営業にすることが多いです(強制ではありません)。深夜や早朝に急な相談が入ったり、調査中にお困りになることもあるかと思います。その際は当事務所の代表まで気兼ねなくご相談ください。

そのため、実際の調査が入りましたら、本部の人間が調査に参加いたします。スケジュールが合わなかったり、遠隔地の場合は、本部が有するネットワークを活用して協力してくれる大手事務所の調査員を代わりに派遣いたします

24時間全力でサポートいたします。

代表からのメッセージ

フランチャイズに加盟する「一般的」なメリットにブランド力や知名度がありますが、探偵業界においては全く当てはまりません。探偵業界は特殊な業界でありテレビCMは禁止されています。そのため、人目につく宣伝は街中に貼ってある「ポスター」や道路沿いに設置している「看板」くらいです。

要するに、大手探偵事務所に加盟してもブランド力で集客することはできません。高い加盟金を用意して高いロイヤリティを毎月支払っても上手くいくとは限りません。

しかし、見方を変えれば、個人で開業したとしても「街」で一番の探偵になれる可能性があることを意味します。当探偵事務所は名前の通り、この探偵業界で第一を目指します。フランチャイズ開設の初期にご加盟いただいた方には、感謝を利益で還元できるようにフランチャイズシステムを構築していきます。

探偵業には学歴や性別、過去の経験など一切必要ありません。大事なのは人の心の痛みを分かろうとする姿勢です。あなたのお力をこの業界の発展と第一探偵事務所の躍進にどうかお貸しください。

第一探偵事務所 仙台本部

050-6864-2229